ホーム > 屋根工事 > 服部邸葺き替え工事

服部邸葺き替え工事

2008 年 11 月 16 日

 先月末から服部様鄭葺き替え工事です。5月末頃に依頼が有ったのですが、無理を言ってこの時期まで待ってもらいました。今日この頃ではちょっと遅れるとすぐ他の業者に回ってしまうケースが多いのですが、こんなお施主様は神様のような存在です。
 1枚目の写真は施工前の写真です。瓦は三州陶器のブラックです写真で見る限りでは特に問題もなく葺き替えの必要もなく見えますが2枚~4枚目のような状態が随所に見られ毎年瓦の差し替え等が必要と成ったため、思い切っての葺き替え工事と成りました。2週間以上かかった工事も明日で終わりそうです。               by miyuki
工事前の様子です
谷板は銅板ですのですでに穴が開いています。
棟の熨斗瓦が随所で凍み割れしています。
桟瓦はほとんどと言っていいくらいひび割れが発生しています。これが原因で毎年瓦が割れます。また割れない状態でも、ここからの浸水が見られます。
まずは一番高い部分を葺き替えです
遠目では違いがあまり分からないかも知れませんが1番上の部分は完成です。(写真ではよく見えませんが、自分で言うのも何ですがずいぶん良くなりました)中二階部分に有る温水器を一時上に避難しました。この後再度中二階に戻して設置しなおすのも工事のうちです。今回以前より漏水していた接続部分が有りそれを止めるのにずいぶん苦労しました。やっと止まったところで、お施主さんいわく(温水器もだいぶ古くなったので来春替えます)・・・せっかく苦労して止めたのに腰が抜ける思いでした。!!!

カテゴリー: 屋根工事 タグ:
ito-kawara