ホーム > 屋根工事 > 長い梅雨の影響で棟の修理が溜まりました!!

長い梅雨の影響で棟の修理が溜まりました!!

2009 年 8 月 31 日

 長い長いそしてたくさん降った梅雨の時期に何件か棟の雨漏り修理の依頼が有ったのですが、ほんの少しだけ仕事が遅れていたので、写真のように取り合えづシートを掛けて置きました。
 新築仕事もちょっと一段落ですので、このところそんな修理仕事を数件こなす予定です。
冠を外すと、御覧のように葺き土が畑の土状態で冠瓦一杯まで広がっています。こうなると瓦の外側からどんどん水を吸い込んでゆきます。そして飽和状態になると天井に「ポツポツ」と落ちてきます。長雨で棟付近からの雨漏りはだいたいこれが原因です。この雨漏りには、外からいくらシリコンを張っても止まりません。
棟の瓦を全て外して積み直しです。今度はセメントモルタル系の葺き材で積みますので、いくら寒い場所でも葺き土は前のように凍みて広がることはありません。永久保障です!!

カテゴリー: 屋根工事 タグ:
ito-kawara