ホーム > 屋根工事 > 暗かった玄関ホールに自然の光を!!

暗かった玄関ホールに自然の光を!!

2009 年 11 月 7 日

 先日屋根点検をおこなった長尾様邸にてスカイライトチューブの取り付け工事です。
 建築後50年の大きなお宅です。玄関ホール部分もかなり大きいのですが採光は玄関戸からの為、「来客が有ったとき逆光になってお客さんの顔がよく分らない」とのことでした。スカイライトチューブを紹介したところ 話がまとまり本日設置工事です。
 玄関ホールの真上が押入れになっているので、押入れの一部を利用して大屋根までほぼ一直線に貫通できました。今回は直径400mmのちょっと大きめのサイズにしましたので、採光量はかなりあります。その分押し入れはかなり狭くなったのですが、何分大きなお家であちこちに押入れ、物入れが有るのでぜんぜん大丈夫だそうです。
 工事のほうは、まず天井に丸穴をあけ、続いて押入れの床、中段、2階の天井、屋根と本当にたくさんの丸を切らせてもらいました。パイプをつないだ後には、押入れの上段、下段それぞれべニア板で包み込み作業です。こちらの作業は予定よりはるかに手間が掛かり予定よりはるかに予算オーバーです。原価ぎりぎりの見積もりなので、きっと小生の日当が出ないと思います。(笑)   miyuki
建築後約50年の大きな大きなお宅です。屋根の採光部は棟のすぐ裏になります。
玄関ホールの天井に約400mmの穴をあけます。この上は、ちょうど2階の押入れになります。
下からの位置を考えながら、瓦の割の良いところに採光ユニットを取り付けます。今回の瓦は今のjis規格より少し小さい瓦なので、取り付けが大変でした。
それでもなんとか取り付け完了です。手間代は5割増しです。(しかし今回は無料奉仕になりそうです(笑))
今回のハイライト2階の押入れ部分です。手間は掛かりましたが奇麗に包み込できました。
完成しました!! 作業当日は、午後6時までかかってようやく完成したため、翌日10時に確認に出向きました。これは10時の採光量です。いいですねー・まぶしいですねー お施主さんも感激して見えました。
ホールの奥までこの明るさです。本当にすごいです。興味のある方は是非見に来てください。連絡いただければご案内いたします。
追伸
工事終了後「スカイライトチューブ」の取扱店「オゼキ電機」さんがお客様の満足度調査に伺ったところ満足度「100%」の評価をいただけたそうですので報告させていただきます。
                 miyuki

カテゴリー: 屋根工事 タグ:
ito-kawara