ホーム > 屋根工事 > 百花繚乱の園

百花繚乱の園

2009 年 11 月 13 日

 今日は温泉で有名な下呂市での工事です。父の友人で現在は養蜂業を営まれている梅田さんの夢の楽園(個人で制作中の300坪ほどの公園)「百花繚乱の園」の中に建立してあります「叶や地蔵尊」の社の屋根葺きです。
 公園の工事は、完成半ばといったところでしょうか。もともとは田出会ったところを石積みで1m程高くし、中央には「叶や地蔵尊その傍らには「思い 叶や地蔵尊」と刻んだ石碑が立っています。公園の入り口には、「百花繚乱の園を静かに見守る叶や地蔵尊の笑みに心もなごむ」 そして 「塚も動け 我が泣く声は 秋の風」と記した2基の句碑が建立してあります。そして公園内には百花繚乱の名のごとく、福島県三春町の「三春滝桜」 下呂市小坂町の「古子の紅梅」 長野県南木曽町の「本陣の枝垂れ梅」等々の苗木が所狭しと植わっています。どれも歴史のある銘木ばかりなのですが、特に「三春滝桜」は千年の歴史をもつ本当に奇麗な枝垂れ桜で、その苗木はなかなか手に入らないものだそうです。
 来年には入口のすぐ横に東屋を建てるのでその時はまたお願いしますとのことでした。先ほどの地蔵尊の社も東屋も事業主の梅田さんの日曜大工です。そして「完成までにはまだ2,3年かかるよ」とのことでした。「皆さんの憩いの場になってほしい」という思いでたったひとりで百花繚乱の公園作りをしてみえる梅田さんの熱意に心から敬意を表します。
叶や地蔵尊と石碑 作者は日本で初めての女性の石工 上野梓さん
女性の石職人の作品だけあって、本当に優しそうなお地蔵さんです。
地蔵尊全景 
暗くなってしまって良い写真が撮れませんでした。なにぶん遠方の為すぐとはいきませんが、いつか機会を見つけて良い写真をアップしますのでご期待下さい。
三春滝桜の写真です。何年か先には「百花繚乱の園」にもこれと同じ風景が出現します。楽しみですねー 長生きしなくては・・・(でもこれと同じ姿を小生が見るのは年齢的にかなり無理が有るようです(笑))
本当にすごい試みですので一度見たいと言う方は是非ご一報ください。詳しくご案内いたします。
                             MIYUKI
 追伸
三春滝桜のサイト 
http://www.takizakura.com/
古子の紅梅のサイト
http://www.rurubu.com/season/winter/ume/detail.asp?SozaiNo=210005
本陣の枝垂れ梅
http://www.shimintimes.co.jp/yomi/kyoju/kyoju24.html

カテゴリー: 屋根工事 タグ:
ito-kawara