甍棟 その4

先日完成した甍棟バージョンの完成写真をアップしておきます。

屋根の軒先部分は、この地方特有の出桁工法又は腕差し工法で
軒出の寸法は流れで1.3m程あります。
最近では木鼻(腕木の先)の加工は専門の加工屋さんに依頼する
ケースが多いのですが、ここの場合はすべて棟梁の手作りです。
腕木の上に新聞紙が丸めて押し込めてあります。
 これは新築したばかりの家を好んでツバメが巣を掛けに来ます。
そして所かまわず泥だらけにするので、その対策なのですが・・・
それでもどこか場所を見つけてまた泥を付け出します。
このところ、施主さんとツバメのいたちごっこが続いています。
さて軍配はどちらに上がることやら・・・

腕木の締結はボルトではなく、昔古来のケヤキで作った鼻栓でしっかり止めてあります。

最新記事
Categories
  • 屋根工事 (663)
  • その他 (34)
  • 未分類 (1)
  • 全日本瓦工事業連盟ロゴ

    私たちは地元で長年実績を積んだ「全日本瓦工事業連盟」加盟の専門工事業者です。 確かな腕を持つ私たちなら安心です。どうぞお気軽に、ご相談下さい。

    全日本瓦工事業連盟は、国土交通省に認められた全国団体で、約130の地域組合、各種資格者を擁する約4,400の事業所から構成されます。 国家試験の「かわらぶき技能士(1級、2級)」や、国土交通大臣認定「瓦屋根工事技士」の資格取得促進、「瓦屋根診断技士」制度の確立など、 社会に貢献する団体として全国的に活動を展開しています。