クボタ松下電工外装 新素材の軽い瓦ROOGA

先週半ばから、名古屋市内でn邸の葺き替えの工事です。
築後30年程のカラーベストの屋根を新素材の軽い瓦[ROOGA」に葺き替えです。葺き材の老朽化と併せて、2か所の大きなハト小屋(これだけ大きなのは、ハト小屋でなく、ハトドームかな。形もドーム型です)が雨漏りの原因のようです。
「そんな雨漏りの元は撤去して下さい」と言う有難いお言葉をいただいたので、どうやって収めようかと頭が痛かったのですが、取り合えづ頭痛解消です。
コンパネを敷き直す予算も出していただいたと言う事ですので、工務店サンに助言して、それまでのコンパネは現状のままで、その上に15ミリの空気層を設けその上に新しい針葉樹合板(新製品の杉の合板でした)を伏せるという工法で施工しました。
以前の屋根は、屋根材即コンパネでしたが、今度は屋根材・15ミリの空気層・杉板合板・15ミリの空気層・コンパネ・その下がやっと屋根裏となります。これで以前に比べて断熱効果、結露対策効果はかなり期待できます。2階の部屋はどうしても暑いと言われる方には、お勧めの工法です。
ぜひ試してください。
屋根メクリを始めてから、毎日のように雨に悩まされましたが(それも思い切り豪雨でした(笑))今日までに屋根下地完成です。
いよいよ明日は新素材ROOGAを積み込んで出勤です。






肝心の2重構造の写真が有りませんでした。カメラマン 仕事の段取りやら時折の雨対策で撮りそこねたようです。失敗・失敗

全日本瓦工事業連盟ロゴ

私たちは地元で長年実績を積んだ「全日本瓦工事業連盟」加盟の専門工事業者です。 確かな腕を持つ私たちなら安心です。どうぞお気軽に、ご相談下さい。

全日本瓦工事業連盟は、国土交通省に認められた全国団体で、約130の地域組合、各種資格者を擁する約4,400の事業所から構成されます。 国家試験の「かわらぶき技能士(1級、2級)」や、国土交通大臣認定「瓦屋根工事技士」の資格取得促進、「瓦屋根診断技士」制度の確立など、 社会に貢献する団体として全国的に活動を展開しています。