ポッカリと大穴が!!!

 「昨夜の雨で大屋根から雨漏りが有ったのでちょっと見て下さい」との依頼で
早速屋根診断に出動です
 屋根に上がってびっくり

棟の冠瓦の直ぐ下にこんな大穴が
これでは雨漏りするはずです。!!!
原因は施工方法です。
登り寸法が合わず上部がカットした瓦がスポンジ状のシーラのみで留めて有りました。
(これはあきらかに手抜き工事ですねー)
和型の瓦ならこれでもずれてくる事はないかもしれまっせんが、
平板の瓦は元々登りの地割がどの位置でも葺ける設計なのでどこまでもずり落ちてしまいます。
棟瓦をめくって、桟瓦に穴をあけビス又は釘で固定する必要が有ります。
とは言えN邸葺き替え工事の真っ最中なので、今日の所は応急処置です。
後日改めて修理にお伺いします。
               

最新記事
Categories
  • 屋根工事 (646)
  • その他 (33)
  • 未分類 (1)
  • 全日本瓦工事業連盟ロゴ

    私たちは地元で長年実績を積んだ「全日本瓦工事業連盟」加盟の専門工事業者です。 確かな腕を持つ私たちなら安心です。どうぞお気軽に、ご相談下さい。

    全日本瓦工事業連盟は、国土交通省に認められた全国団体で、約130の地域組合、各種資格者を擁する約4,400の事業所から構成されます。 国家試験の「かわらぶき技能士(1級、2級)」や、国土交通大臣認定「瓦屋根工事技士」の資格取得促進、「瓦屋根診断技士」制度の確立など、 社会に貢献する団体として全国的に活動を展開しています。