屋根修理工事 続編

 この所良く雨が降りますねー
特に修理仕事の時は、こんなに良く降ると大迷惑です!!
その代わり 雨漏り修理の依頼は雨の影響で良く入ってきます。
今日も棟修理続編です。
一番上の冠瓦を外すとこんな状態です

乾式施工の棟ですが、笠木部分が雨水で飽和状態です。長雨に成ると雨がどんどん天井裏に入ってきます。
早速積み替え作業です。

セメント入り漆喰で強力棟に積み替えです。(宏君ヘルメットを忘れています!!罰金ですよ!!)

完成です。
20万円の予算だったのですが、既存瓦を60%程再使用出来ましたので、16万程で仕上がりました。
 屋根瓦の故障は、人間の病気でいえば、「癌」の様な物です。早期治療をすれば、直ぐ良くなりますが、放置しておけば、どんどん悪化していってしまいます。最後には、家全体がだめになってしまうことも有ります。やっぱり、早期治療が大切です。
 もう少しすると「梅雨」の時期に成ります。ちょっとでも不安な箇所が有れば、早めに屋根点検をお勧めします。 

最新記事
Categories
  • 屋根工事 (658)
  • その他 (34)
  • 未分類 (1)
  • 全日本瓦工事業連盟ロゴ

    私たちは地元で長年実績を積んだ「全日本瓦工事業連盟」加盟の専門工事業者です。 確かな腕を持つ私たちなら安心です。どうぞお気軽に、ご相談下さい。

    全日本瓦工事業連盟は、国土交通省に認められた全国団体で、約130の地域組合、各種資格者を擁する約4,400の事業所から構成されます。 国家試験の「かわらぶき技能士(1級、2級)」や、国土交通大臣認定「瓦屋根工事技士」の資格取得促進、「瓦屋根診断技士」制度の確立など、 社会に貢献する団体として全国的に活動を展開しています。